胸を大きくする方法

脂肪注入による豊胸手術とそれ以外の2つの方法とは!?

脂肪 注入

豊胸手術を考えたとき、どんな方法があるか知っていますか。よく使われる方法として、3つあるようです。ヒアルロン酸注入法・シリコンバック法・脂肪注入法です。

これらの方法は手術なので、メリットやデメリットについても知識を深めていき胸を大きくする方法のひとつとしていくことが大切です。

1. ヒアルロン酸注入法の知識を深める

ヒアルロン酸注入法は、最も手軽に行える手術といわれています。手術後の痛みも少なく、身体への負担が少ないとされ、仕事などで休みが取れない人が選ぶとされています。希望の形になりやすいといった特徴もあります。また、治療費に関しても、一番安価であるといわれています。

しかし、デメリットについても考えなければいけません。安価といわれる治療費ですが、ヒアルロン酸注入法の場合継続しての通院が必要となりかえって治療費がかさむケースも見られるようです。

また、ヒアルロン酸は、身体に吸収されてしまうとされており効果が持続しない可能性も高くあります。ヒアルロン酸のかたまりが、しこりになるといったリスクもあるようです。また、ヒアルロン酸注入法で大きくしたバストは、触るとすぐにばれてしまうといった欠点も見られています。

この手術方法としては、局所麻酔にて脇か胸の下を数ミリ切開するとされています。この切開した皮膚からばい菌が入るといったリスクも予想されています。傷が化膿してしまうという危険性も潜んでいるようです。また、手軽な手術であるため経験の少ない医師が手術を行うといったケースもあるようです。

2. シリコンバック法の知識を深める

脂肪注入法以外のもうひとつの方法は、シリコンバック法です。これは、自分が希望する胸の大きさや形がはっきりしている人に適しているといわれています。それは、確実に胸を大きくできる方法だからです。

シリコンバック法には、2つの方法があるとされており、ひとつは大胸筋下法です。これは、もともと胸にボリュームが少ない人に適しているとされています。筋肉は皮膚から深いところにあるため触ったときに、シリコンバック法で手術をしているとわかりにくいといったメリットがあります。

もうひとつの方法としては、乳腺下法があります。この手術は、もともと胸にある程度のふくらみがある人や胸の皮膚にある程度の余裕がある人に向いているといわれています。また、ダイエットや授乳により胸が小さくしぼんでしまったという人や、更に大きな胸を望んでいる人にも適しているとされています。

どちらの方法も自然な仕上がりになるとされています。ただ、このシリコンバック法は、術後に痛みがでたり、術後の通院が必要であったりするため1週間程度の休暇が必要であるとされています。また、この方法で手術を行った場合、乳がん検診を受け入れてくれる施設が少ないとされるところも知っておかなければいけません。

手術の方法としては脇の下に4センチほど切開してシリコンバックを挿入します。術後には痛みを軽減し、内出血を防ぐなどの目的で、ドレーンを挿入しておくことが必要とされています。

シリコンバック法は、胸が完成するまでに1年ほどかかるとされています。トラブルの報告もあり、シリコンバックが硬くなる・シリコンが波をうつ・シリコンの位置がずれやすい・谷間がくっつく・左右差がでるなどがあります。メリット・デメリットを確認しながら、豊胸手術を選ぶことが大切です。

3. 脂肪注入法の知識を深める

脂肪注入法は、自分の脂肪を使用するため触った感じがとても自然でばれにくいといった特徴があります。また、手術痕もごくわずかで目立たないといわれています。しかし、この脂肪注入法は体脂肪率が17%以上であることが必要とされており、やせすぎている人には不向きとなります。

脂肪注入をする際は、注入のしすぎもよくないとされています。注入した脂肪が血管につながり、栄養を確保する必要があるからです。血管につながらず、栄養が送られない脂肪は、せっかく脂肪注入したのに育たない可能性が高くなるからです。この脂肪注入法では大きくした胸は、やせると胸も減ってしまうというデメリットもあります。

従来の脂肪注入法とは別に、脂肪幹細胞注入法といわれる方法もあります。これは、太ももやお腹から脂肪をとり、その脂肪から幹細胞を含む幹脂肪を抽出し脂肪注入する脂肪と混ぜ合わせるといった方法です。これは、脂肪の定着率がとても高いといわれています。

また、高濃度血小板を同時に注入するといった方法もあります。脂肪細胞の栄養を書き保する血管を増やす、脂肪が定着しやすい組織をつくる、細胞が成長しやすい因子をつくるなどの目的があります。これらを同時に行うことで、脂肪注入したあとの効果が高まっていくのです。

脂肪注入法は、アンダーバストを切開し脂肪注入していきます。この傷の痛みはほとんどないといわれますが、脂肪を取った部分の痛みや腫れがあります。また、血行をよく保つために3ヶ月間は、ブラジャーをしないで過ごすほうがよいとされています。

4. 豊胸手術についてよく知っておこう

ヒアルロン酸注入法・シリコンバック法・脂肪注入法などの豊胸手術がありますが、それぞれの良さ・自分に合う方法の選択が大切になってきます。ひとつの施設で決定するのではなく、自分の知識を深めた上で色々な施設の条件や術式を確認していくことがとても大切なってきます。

女性は誰でも、自然で丸みがある胸や、女性らしい豊かな胸に憧れを求めます。しかし、その実現のためには自己に儀性があるということも忘れてはいけません

おわりに

胸を大きくしたいと希望をもち、豊胸手術に望むときに忘れてはいけないことがあります。必ずリスクが伴うということです。リスクも十分に踏まえて、術式を理解し豊胸手術に望むことが大切です。

色々な理解を深めた上で、豊胸手術で自然で豊かな胸を手に入れていくことが必要ではないでしょうか。


-胸を大きくする方法