胸を大きくする方法

おっパいを大きくするクリーム、その実力と効果的な使い方とは!?

2017/03/26

おっパい 大きくするクリーム

「おっパいを大きくするクリーム」と聞いても、いまいちピンと来ない方も多いのではないでしょうか。クリームのことは「知ってるようで実はよく知らない」という声も多く聞かれます。

そこで今回は、おっパいを大きくするクリームの役割や効果についてまとめてみました。バストケアの一つとして、クリームも活用してみてはいかがでしょうか?

1. なぜ必要?おっパいを大きくするクリーム

ずばり、おっパいを大きくするクリームがもたらしてくれるのは次の2つの効果。

①バストの肌が潤い、ハリやツヤを与える
②マッサージをする際に皮膚を保護してマッサージ効果を高める

胸を大きくしたい!と思ったときに、いきなり大きくするクリームを手に取る女性は少数派かもしれませんね。日々の生活に手軽に取り入れられるエクササイズや食品などから、バストアップを図るのが王道。最近では、筋肉を鍛えるエクササイズだけでなく、おっパい体操などのよりマッサージに重点を置いたエクササイズも脚光を浴びています。

おっパいを大きくするクリームというのは、取り入れるのが遅れがちなアイテムではあるものの、先に述べたようにマッサージの効果を高め、さらにクリームに配合された成分を皮膚から吸収することで効果的にバストアップを図ることができるのです。せっかく努力をするのなら、おっパいを大きくするクリームを併用してより効果的に行うのも一つの手と言えますね。

2. おっパいを大きくするクリーム、その成分

それでは、おっパいを大きくするクリームにはどのような成分が配合されているのでしょうか。代表的なものを見ていきましょう。

①プエラリア
②ボルフィリン
③コエンザイムQ10やプラセンタなどの美容成分

「プエラリア」は、耳にしたことがあるという方も多いのではないでしょうか。ミロエステロールとイソフラボンという、女性ホルモンに似た働きをする物質を豊富に含むプエラリア。女性ホルモンが活性化されることから、バストアップだけでなくシミ・シワ、更年期障害、生理不順などの症状にも効果を発揮するもので、おっパいを大きくするクリームには、この成分を含むものも多数販売されています。

次に挙げた「ボルフィリン」は、今注目のノンホルモン物質。ホルモンに影響する成分の場合は、思春期やピルを服用している場合は使用に注意が必要ですが、このボルフィリンはそうした人も気にせず摂取できるバストアップ成分です。吸収した場所の脂肪細胞を活性化し、脂肪を増やす働きをするボルフィリン。これにより、女性ホルモンを刺激せずバストアップを狙えるのです。

最後に挙げた「美容成分」。コエンザイムQ10やプラセンタ、また保水力を上げるサクラン等がこれにあたります。バストアップを促すのではなく、主として肌を美しくする成分であるこれらを配合したタイプのおっパいを大きくするクリームも多数登場しています。こうしたタイプのおっパいを大きくするクリームを使えば、胸を大きくするだけでなく、肌のキメを整えくすみなどのトラブルも解消してくれるという優れものです。

3. 効果と副作用

このように、おっパいを大きくするクリームには女性に嬉しい様々な成分が配合されています。効果の高い成分が多く配合されているだけに、副作用には注意が必要。どのような成分に副作用の可能性が高いのか、まずは見ておきましょう。

おっパいを大きくするクリームに含まれるもののうち、プエラリアは、体内で女性ホルモンに似た働きをします。そのため、このプエラリアを多量に摂取すると体内のホルモン系を乱してしまう可能性があると言われています。そのため、ホルモンバランスが整っていない思春期やピルを服用している場合、プエラリアを主成分とするサプリの使用には注意が必要。そうでない人でも、プエラリアの多量摂取で不正出血や生理不順等の症状が出る場合があります。

おっパいを大きくするクリームの場合は、成分を皮膚から取り込むため、強い副作用がでるケースはほとんど報告されていないのが現状。一安心といったところですね。

しかし、それでも不安が残るという方には、「ボルフィリン」がおすすめです。女性ホルモンとして働くプエラリアとは全く違い、脂肪細胞に働きかけるため、安心して使えるという利点があり、近年注目されているボルフィリン。おっパいを大きくするクリームを購入する際は、含まれている成分をチェックして自分に合ったものを選びたいですね。

4. おっパいを大きくするクリームを使ったケアのポイント

おっパいを大きくするクリームは、サプリに比べて安全性が高く取り入れやすいものと言えます。ここでは、おっパいを大きくするクリームを利用して、バストアップに有効な成分をより効果的に摂取するにはどのようなポイントがあるのか見ていきましょう。

おっパいを大きくするクリームの効果が最大限になるのは、生理後2週間!

生理が終わると徐々にエストロゲンが増加し、約2週間でピークに達します。それに合わせてマッサージやエクササイズを行うと、バストアップ効果が高いと言われているのです。おっパいを大きくするクリームも、この時期のマッサージに積極的に活用すれば効果大。プエラリアを主成分とするものでなくても、効果は大きくなります。入浴後の血行が良くなっているタイミングで、マッサージに使うのがよいでしょう。

しかし、だからと言って生理後の2週間以外はなにもしなくていいというわけではありません。結果を出すには、継続が大切。入浴後におっパいを大きくするクリームでマッサージすることが日課になれば◎。自分の身体の調子を見ながら、毎日ケアしてあげましょう。

おわりに

おっパいを大きくするクリームは、メーカーによって様々成分が配合されており、使用感も違ってきます。香りも、フローラル系からさわやかさを重視したものまで様々。毎日使うものだからこそ、効き目よりもむしろ「使って気持ちいいかどうか」の方が重要かもしれませんね。

香水やランジェリーを選ぶように、お気に入りの「おっパいを大きくするクリーム」を見つけて、毎晩のケアを楽しんでみてはいかがでしょうか。


-胸を大きくする方法